タイトル
一億人の命を救うボール
著者 / 話者
null

一億人の命を救うボール

Mine Kafon
素材:竹、生分解性プラスチック、ゴム、GPS
寸法:221x221x221cm
デザイン:Massoud Hassani

子供のおもちゃが、世界で地雷に苦しむ1億人の命を救うことになる。
アフガニスタン出身のデザイナー、Massoud Hassani氏は地雷が埋まっている危険なエリアで幼少期を過ごし、ストローや紙といった身の回りのもので小さなおもちゃを作って遊んでいた。風に吹かれて砂漠を転がるタンブルウィードのようなそのおもちゃは、しばしば地雷エリアまで転がっていった。その後オランダへ亡命し、デザインアカデミーで学ぶようになった彼は、卒業制作にあたってそのおもちゃのことを思い出した。

世界には戦争で残されたままの1億以上の地雷があり、アフガニスタンには3000万もの地雷が埋まっている。彼がつくったMine Kafonは風で自走し、地雷を踏んでも脚を1、2本失うだけでまた走り出し、1台で3〜4基の地雷を爆破できる。今までの人力による地雷除去の方法ではコストが地雷1基あたり1,200ドル、人命を失う危険もある。Mine Kafonの量産が実現すれば1機の価格はわずか40ドル、地雷除去1基あたりのコストは10ドル程度まで下がる。パーツや構造はシンプルで、子供でもつくることができる。
近い将来、地雷エリアに住む子供たちがMine Kafonをつくり、おもちゃで遊ぶように地雷を爆破し、平和で明るい未来をつくっていくにちがいない。