タイトル
物語のワンツーパス

*Oatmeal Soopascarf by Yokoo Scarves & Accessories
*素材:アクリル80% ウール20%
*価格:¥18,085(税込)

あなたが作ったものが欲しい!
見た瞬間、心からそう思える作り手と出会えてしまうすごい場所に、インターネットはなった。セレクトショップではなかなか見つけることができない、極太のローゲージニットと極端な長さ。暖かいのは当然だが、首の周りに巻いたとき、もはやマフラーの域を超えて、アウターの一部になったような存在感を放つ。おまけに顔も小さく見える。

このマフラーを手作りしたYokoo Gibraan氏は、デザインから制作、商品写真の撮影とモデル、プロモーションに、商品の発送までを一人で行うニットデザイナーだ。年間1400万円以上の収入のほとんどは、インターネット上で誰もがハンドメイド雑貨を売り買いできるショッピングサイト、Etsy上での売上だ。買い手のほぼ全員は、彼女の住むアトランタから離れたところで、彼女に会ったこともないが、商品とともに届く彼女からの直筆のメッセージを目にし、作り手とのつながりを強く意識する。

そもそもアクセサリーや服は、流通を通じて、買う必要があるものなのだろうか。むしろハンドメイドであればあるほど、作り手の持つドラマや美意識を生(なま)で感じることで、商品を身につけたときのよろこびも倍増するはず。

本気の作り手の体温は画面越しでも伝わる。次世代個人商店の理想的な形がそこにはある。