タイトル
母胎の気持ちよさをデザインする!?
著者 / 話者
null

母胎の気持ちよさをデザインする!?

Humanoids
作家:Ernest Neto
材料:Polyamido tube, polyamido stockings, velvet, spices and styroform balls

ぼくたちは、あの、一番気持ちいいかたちとか温度を覚えている。あの、お母さんの心音のリズム。あの、きつすぎず、ゆるすぎず、自分の体が浮遊している感じ。体も、心も、芯からあったかい。人はだれしも潜在的に、お母さんのおなかの中に戻りたいんじゃないだろうか。外界に飛び出てからは、ビジネスとか、競争とか、受験とか、寒さとか、暑さとか、怪我とか、オレオレ詐欺とか、いろいろ大変だけど、あの、なにもなかった「あのあったかい時空」へ、だれもが戻りたいんじゃないだろうか。