タイトル
もっと、もっと、もっと、もっと!

サウジアラビア キングダム・タワー

高さ:1007m
階数:200フロア以上
床面積:500,000㎡
エレベーター数:59基
建設費用:12億USD
竣工予定:2017年

2010年、ドバイの「ブルジュ・ハリファ」は828mの高さで一般公開された。最高層フロアは他を圧倒する163階。電波塔などを除いた高層ビルとしては、台北101や、上海環球金融中心などがいずれも500m台であることを考えると、ブルジュ・ハリファの高さは、圧倒的である。

ブルジュ・ハリファは、細く、長く、周囲を威圧してそびえ立っている。どんなに異形の建造物に見えても、その高さは、ドバイ市民に大きな自信を与えている。年末年始の花火イベントには100万人もの人々が集まった。高いということは、それだけで、人々に求心力を与える存在になる。

この現象に影響されてか、中東地域では、ブルジュ・ハリファを超える建築計画が次々と沸き起こった。同じくドバイのナキール・タワーは1,400m、ドバイ・シティ・タワーに至っては2,400mという計画が発表された。しかし、これらの計画は、今のところ「保留」のステータスになってしまっている。

そんな中、ひとつだけ、生き残っている計画がある。サウジアラビア キングダム・タワー。2017年の竣工を予定している。もともとは1マイル、1,600m超の計画だったが、何度も計画を”下方”修正。それでも、1kmという大台だけは守り抜いた。人類初の1km超の建物は、イスラーム世界きっての国際都市ジッダが実現することとなった。このことは、イスラーム世界に新たな求心力が備わるほどの出来事と言えるのではないだろうか。
ドバイのブルジュ・カリファは、7年で世界一の座を明け渡すことになる。
エジプト・クフ王のピラミッドは、3000年もの間、世界最大の建造物であり続けた。
キングダム・タワーは、何年、世界一を誇示し続けられるだろうか。

クレジット

Jeddah Economic Company/Adrian Smith + Gordon Gill Architecture
as well as name Adrian Smith and Gordon Gill as the Design Architect