タイトル
生命のノアの箱船|スヴァールバル種子貯蔵庫

北極よりわずか1300キロ離れたノルウェー領スヴァールバル諸島に位置する種子銀行、スヴァールバル種子貯蔵庫。2008年2月操業開始。2011年には、早くも保存種子70万種を突破。目標は450万種で、1品種当たり平均500粒を保存すること。この巨大な未来的施設は、その科学的実用性と神話性の両立において、現代版「ノアの箱船」とも言える。

The Svalbard Global Seed Vault is a secure seedbank located on the Norwegian island of Spitsbergen, about 1,300 kilometres from the North Pole. Opened officially in February 2008, in 2011 the number of seeds already passed 700,000 samples. The facility has a goal to fill up its capacity to conserve 4.5 million with 500 seeds each. This realization of highly scientific and mythological aspects shapes its dimension beyond just as a seed storage but as the Noah’s Ark of our time.

スヴァールバル種子貯蔵庫への5つの質問

5 Qs to the Svalbard Global Seed Vault

Q.

設立への志とその背景を聞かせてください。
Please share with us the background and convictions to establishing this seed bank.

A.

地球上の遺伝子銀行は、いろいろな意味で脆弱な状況にあると言えます。それらは常に、火災や洪水の可能性、技術的なトラブル、そして地滑りや地震、火山活動、そして市民闘争などのあらゆる危険にさらされているからです。これらすべての危険性から遠ざけて、固有の種子群を守るためために、我々は独自の貯蔵庫を作りました。

The genebanks of the world are vulnerable for a number of external threats, like fire, flooding, technical failures, other natural causes like landslides, earthquakes, vulcanism as well as problems due to e g civil strides or similar causes. That is thus very important to have safety back up of the seed material placed several else in case of problems with the own genebank.

Q.

実際に建設開始するにあたって、注力した点をお聞かせください。
What points were focused the most in actual design and construction of the complex?

A.

もっとも重要だったのは場所の選定です。スヴァールバル地方が選ばれるまでにはいくつもの条件がありました。ノルウェーの郊外にありながら国際的交流があること、そして政治的に安定していること。なによりも地理学的に安定していること(火山活動や地震の影響が少ない)。北緯78度と高緯度の場所にあり、北極にきわめて近い。
マイナス4度の永久凍土によって岩盤が安定的であること。これらの自然状態でありながら、
世界中のどこからでも間のフライトで来られるという輸送条件をクリアしました。

There are several reasons why Svalbard was chosen. Even though it is Norwegian land it has international status and thus it is politically very stable. More over it is geologically stable (no vulcanism or earth quakes). It is situated in a very northern location, 78o North, thus close to the North pole. It means that the climate inside the rock is stable - it has permafrost, thus always ca minus 4o C. Despite this northerly location it has excellent communications with at least two daily flights, which makes transports to the Vault very easy.

Q.

種子保存へ実用的にこだわった温度や湿度管理、強度などはいかがでしょうか。
Please talk about practical means to maintain temperature/humidity, building stability to preserve seeds.

A.

我々は24時間体制の温度・湿度監視システムを貯蔵庫とその周りの岩盤に整えています。もし何が起これば技術スタッフがただちに対応でき、いかなる事態にも対応できるよう電源供給バックアップも整備されています。また遺伝子貯蔵におけるマイナス18℃という国際基準が安定的に守られています。この温度まで冷やすには、周囲の岩盤も冷やさなければならず、途方もない時間と手間がかかりました。貯蔵庫は強固な岩盤に埋め込まれていて、これまで手つかずだった自然そのものを貯蔵庫として完成させています。最悪の事態には温度がマイナス4℃まで戻りますが、それにも大変長い時間がかかるということです。

We have 24 hours remote monitoring in several places in the Vault (and in the surrounding rock). If something happens the technical staff will react immediately. We have a backup electricity system if there will be failures. The extra cooling system down to minus 18o C, which is the international standard for gene bank material, functions well. It took long time too cool the Vault down to that temperature, actually we had to cool down the surrounding rock. In case of failure it will also take very long time for the temperature to rise to minus 4oC. The Vault is built into very solid rock, it has never been a mine, but is constructed exclusively as a seed Vault.

Q.

スヴァールバル世界種子貯蔵庫の社会的役割はなんでしょうか。それは時代と共に変化していくものでしょうか。
What does the social role Svalbard Global Seed Vault play? Will this role change with the times?

A.

このプロジェクトは、世界を接近させて各国がより協力することを促進するでしょう。さらに各国の政治家や政策決定者に対して、遺伝子保護の重要性、こういった施設維持への具体的注力を促す「外交官」の役割を果たしています。

The Vault brings the genebanks of the world closer together and promote collaboration. It is also a very good “ambassador” to politicians and policy makers to illustrate the importance of plant genetic resources, their conservation and utilization in practical plant breeding.

Q.

科学が発展することによって時間と価値の概念が変わるようにも感じるときがありますが、どのようにお考えでしょうか。
The progress of science/technology at times changes values and conceptual ideas, how does the Svalbard Global Seed Vault feel about this aspect?,

A.

確かに科学やテクノロジーはものすごい早さで進化しています。しかし一方で、人類の基本的な生活に対する根源的な価値、たとえば食べ物の確保や遺伝子保存の重要性などが変わるとは思えないのです。もちろん科学的な研究方法や工学技術は、我々が種子や遺伝子資源を見る目の解像度を上げてくれるでしょう。将来にもこの分野を知れば知るほど、その将来への保存と実用化は変わることなく、むしろ高まっていくと考えています。

We will certainly have a tremendous development in science and technology. However, I have difficulties to see that values and conceptual ideas for the basis of life, development and food security, id est the genetic resources will shift over time. Certainly, what research or technology should be applied over time will certainly vary- the more advanced technology we get the more we will learn about the seeds and genetic resources. The more we know about the material the more valuable and useful it will be for future utilization in plant breeding.