タイトル
スニーカーをマッシュアップ
著者 / 話者
null

スニーカーをマッシュアップ

Dashilar Flagship Store by Sander Wassink
(非売品)

ナイキのアッパーに、アディダスのヒール、そしてソールはクラークス。シューズはフェテシッシュな世界だ。でも、そんな妄想は、どこにも売っていない。

デジタルコンテンツの世界では当たり前のように行われている、様々な動画や音楽を部分的に抽出して繋ぎ合わせる二次創作、いわゆるマッシュアップによって、デジタルの、インターネット上のものづくりは爆発的に広がった。この考えをスニーカーの世界にまで拡張させてみせたのが、デザイナーSander Wassinkの作品だ。

数種類の既製品をパーツ毎に解体して、ミックスして、再度組み上げる。

その実験の舞台となったのは中国の上海。彼がデザインをして、現地で働く無名の靴職人が縫製する。今や世界の工場と呼ばれる中国だが、スニーカーのデザインはほとんどが外国のものだ。中には有名ブランドを模造した海賊品も出回っているくらい。しかしSander Wassinkが手がけたこのプロジェクトでつくられたスニーカーは世界に一つだけ、メイドインチャイナならぬ、マッシュアップトインチャイナとなった。