タイトル
ユニフォーム、地球代表。
著者 / 話者
null

ユニフォーム、地球代表。

A "ZVEZDA" COSMONAUT SUIT WORN ON A SOVIET SPACE AGENCY MISSION INTO SPACE
オークション:Sotheby's (RED) AUCTION
予想価格: $50.000-75,000
落札価格: $305,000
スーツ内気圧:400hpa/270hpa(2モード)
重量:10kg
素材:ナイロンキャンバス、ゴム、プラスチックなど
製造:1990年、RD & PE Zvezda(ロシア)

宇宙に国境はない。
2011年にアメリカがスペースシャトルの打ち上げを終了して以来、各国の宇宙飛行士たちはロシア製のソユーズ宇宙船に乗って宇宙へ行くようになった。ソユーズという言葉は直訳すると「連邦」だが、他に「団結」という意味もある。ロシアの科学製造企業ZVEZDA(ズヴェズダ)が1970年代に開発したこの「Sokol-KV」というソユーズ専用宇宙服のシリーズは、その後バージョンアップが繰り返され、今でも現役。飛行士の体型に合わせてオーダーメイドで作られる。スペースシャトル用と異なり、ヘルメット一体式でフロントのジッパーから中に入るのが特徴。バルブを通して機体の生命維持装置に繋がれ、地上からの発射時、大気圏突入時などに起こるスーツ内の気圧変化を調整、酸素の供給と換気をおこなって飛行士の命を守る。
難しい試験と厳しい訓練をパスした精鋭たちが、国境を超えて宇宙という人類共通のフロンティアへ向かう。この宇宙服はまさにそのユニフォームになりつつある。