タイトル
VIVA!二足歩行
著者 / 話者
null

VIVA!!二足歩行

二足歩行って、重力との戦いとか、疲れとか、脱着とか、危険性回避とか、いろいろな宿命を背負っている。おしゃれってのもあるし、走りたいとき、歩きたいとき、それこそ無数に目的がある。カフェで投げ出されたあのかわいい子の美しい脚と、ウサイン・ボルトが雄叫びながら100メートルを駆け抜けるその脚は、まったく意味が違うわけで、だから靴もそのくらい変わってくる。素材×アイディア×オケージョン×審美性によって、ますます進化して面白くなるこのカテゴリーは、もちろん今後もずっと見逃せない。