タイトル
太陽電池でどこへでも
著者 / 話者
null

太陽電池でどこへでも

VENTURI ANTARCTICA by Sacha Lakic
キャタピラー最高速度:20~25km/h
一充電走行距離:20~40km
耐寒気温:-50℃
重量:1.2 t
荷重:1 t
©Sacha Lakic

太陽電池や電気自動車は「エコ」のためだけのものではない。
燃料の調達が難しい極地にこそ、その新しいフィールドがある。電気自動車の分野で先端を走るフランスVENTURI社が「極限環境において、電気自動車には何ができるのか?」をテーマに開発したこの極地専用キャタピラー自動車は、南極という極地で太陽エネルギーによって、重い荷物を積載しつ悪路を踏破していく。まるで月面トレーラーのようなその性能とデザインは、こどもたちにもワクワクするような夢を与えてくれる。
高性能自動車のパイオニアであるVENTURI社のジルド・パランカ・パストル社長は、電気自動車=エコという枠組みをはるかに超えた活動を行っている。環境対応という既存イメージを軽々と超えるこの企業から学ぶべきことは多い。