タイトル
好きな子の誕生日に、一点モノのアクセサリーを、自分で作ったら、嫌われちゃった
著者 / 話者
null

好きな子の誕生日に、一点モノのアクセサリーを、自分で作ったら、嫌われちゃった

(商品名)
Pendant_poko_poko
細胞のようなペンダントトップ

4.8cm×4.6cm×6.4cm
¥14,389
※税込み・送料別
素材: シルバー(グロス)
提供サービスプラットフォーム:3Dプリントマーケットプレイスの「rinkak」

これからのモノヅクリは、コンテキスト(文脈)を含有していく。
3Dプリンターの時代。すべてのものは、一点モノのモノガタリとなっていくから。

たとえば、愛が伝わりやすくなる。「これが僕の気持ち」っていう無形物を、そのまま「モノ」として出力することができる。濃度が上がる分、結果もすぐに出る。親しい恋人や家族や友人への贈答には、予想もできない感動を生み出すだろうし、あまり好意を持っていないひとからは、個人的想いの強いものは欲しくないかもしれない。

写真のペンダントは、細胞をモチーフにしながら、チェーンを好きな穴に通せる独創的なデザイン。見た目の珍しさとかわいさで人気のシリーズ。こういう個人の独創性が一般化するのも3Dプリンターならではのモノガタリである。