タイトル
リジッドなものこそハッピーに
著者 / 話者
giraffe ジラフ ネクタイ

リジッドなものこそハッピーに

giraffe ジラフ ネクタイ
34℃、36℃、38℃、40℃と、4段階の気分やオケージョンの体温別に分けられたラインナップ。
MADE IN JAPAN にこだわり、デザイン、企画、生産まですべて日本国内で行う。

若者が抱く「サラリーマンになりたくない」っていう思春期的、表層的反抗の大半は、満員電車の中で吊り革にぶらさがる、しがないビジネスマンのイメージじゃないだろうか。よれよれのスーツに、首を縛るネクタイは、フォーマリティを縛っているのか、おしゃれを縛っているのか、それとも会社の出世ルートに縛られているのか。なんとなく、なんのために生きているのか分からなくする典型的アイコンが、「ネクタイ」なのである。

さて。そもそも、そのネクタイ。本来、根っからお洒落で、社交的で、エグゼクティブで、自己表現的なものなのである。それが、歪んでしまっているから、つまらない。でも、一番つまらないものこそ、一番面白くするチャンスなのである。試しに、「34℃」と「40℃」を買ってみよう! ビジネスマンという生き様はここまでクールに歌舞けるんだって、きっと実感できるはず。